「ライターに外注しても、思っていたような記事があがってこない」 「自社運営のサイトに掲載する記事の品質を安定させたい」 「ターゲットの読者に届く記事を作成したい」 といったお悩みはありませんか。 記事のガイドラインとなるレギュレーションの作成は、サイトの質を維持する上でも有効な手段です。ここでは、レギュレーションの目的や作り方などを解説します。Webサイトの運営をしている方は、ぜひ参考にしてください。

レギューション(ガイドライン)の作成はどうして必要?

レギュレーションは、ライターが記事を作成する際のガイドラインとなるものです。サイトや記事の目的をはじめ、文字数や見出しの指定、差別用語や盗用の禁止といった最低限のルール、記事のターゲットとなる人物像などが資料としてまとめられています。画像の選定も依頼するときには、その方法や選定基準が記載される場合もあります。 同一のサイト内で、ある程度、記事の品質やテイストを一定化させることは、ターゲットへの訴求力を高め、目標とする成果を得るために必要です。逆に、質やテイストがバラバラの記事ばかりだと、読者を困惑させてしまうことは想像に難くありません。 もし、ガイドラインやルールがなければ、関係者の間で、記事に対する認識を共有化しづらくなります。また、執筆するライターの力量次第で、記事の品質に差が生じ、校正者ごとに、修正点が違ってくることも考えられるでしょう。 レギュレーションによって、記事の方向性やルールを明らかにすることは、修正にかかる手間を省き、サイトの質を維持する上でも有効と言えます。

Webライター用レギューレーションの作り方

Webサイトの目的や執筆ルールが伝わりやすいレギュレーションは、ライターにイメージ通りの記事を作成してもらうために重要です。以下では、レギュレーションの作り方のポイントを挙げていきます。

ターゲット(ペルソナ)の明確化

まずは、ペルソナと呼ばれるターゲット像を明確にしていきます。ペルソナの設定では、年齢や性別、家族構成、職業、年収、趣味のほか、よく見るテレビ番組や雑誌、ソーシャルメディアなど、触れる機会が多いメディアも具体的に決めていきます。 既存の読者や顧客の情報を参考にしたり、今後想定したい読者像を考えてみたりすると、リアリティのあるペルソナとなります。 ペルソナに向けた記事の作成は、ターゲットへの訴求力が高いWebサイトを作ることにもつながります。依頼側の意図を、ライターや校正者に理解してもらう上でも有用です。

参考にする情報元を決める

全ての情報収集をライターに任せると、思っていた内容と違う記事があがってくることも考えられます。参考にしてほしい情報元をレギュレーションに組み込むことで、ある程度、記事を方向付けることも可能です。逆に参照にしてほしくないサイトをレギュレーションに記載する方法もあります。 検索で調べられる情報以外にも、取材やインタビューの内容、お客様から企業に寄せられた商品の感想や質問、書籍やパンフレットなどの情報があれば、より説得力のある高品質な記事作成の助けとなります。

SEOコンテンツとしてどのような目的を持つのか

一口にSEOコンテンツと言っても、その目的は異なります。例えば、ページビュー(PV)数のアップや潜在顧客の獲得を目指すもの、購入などのアクションを促すものなどがあります。目的に応じて記事の内容を変化させる必要もあるため、レギュレーションには、SEOライティングの目的も明記しておいてください。

基本的なタグの使い方

Webライティングでは、大見出し、中見出し、小見出しなどの見出しが用いられ、そのサイトによっては、使用する種類や個数が限定されている場合もあります。HTMLにおいて、段落を表すpタグや見出しにつけられるhタグは、頻繁に使われるものです。ライターや校正者にも基本的なタグの使い方を理解しておいてもらえば、サイト運営がよりスムーズになるでしょう。

NGワード

その記事で使用してほしくないNGワードは、レギュレーション内で一覧にまとめておきます。ライターや校正者に注意を促すことができて、修正を減らせます。NGワードには、差別用語や法律に抵触する表現なども含まれます。

表記統一ルール

Webサイト内、もしくは記事内では表記をそろえるのが一般的です。サイトイメージの統一や、読者の混乱を防ぐ目的で行われます。 具体的には、文末を「ですます調」にするか、「である調」にするかに加え、「お客様」と「お客さん」、「子供」と「子ども」といった頻出する単語の使い分け、「事」、「物」などの形式名詞を漢字にするか、ひらがなにするかなどを指定します。 表記に迷った場合には、共同通信社の『記者ハンドブック』や文化庁の常用漢字表も、参考にしてみてください。

レギューションを改訂しながらいいものを作る

レギュレーションは、改訂を加えながら、使い続けていくことが理想です。サイト運営をしていると、その質を維持し、より良いものにするため、変更や新ルールの設定に迫られる場面が出てくるでしょう。出来上がってきた記事を確認しながら、必要に応じて、ブラッシュアップしていってください。 その際には、ライターだけでなく、校正者や記事作成の関係者に、変更内容がしっかりと周知されるように配慮しましょう。

高品質なコンテンツを作成し続けるためには、ガイドラインとなるレギュレーションの存在が欠かせません。記事作成に必要なポイントを押さえたレギュレーションは、修正にかかる手間を省き、イメージ通りのサイトの実現を助けます。サイト作りにレギュレーションを取り入れ、ぜひビジネス拡大の足掛かりに役立ててください。