ペット市場規模

2018年に実施された全国犬猫飼育実態調査によると、国内で飼育されている犬猫の総数は約18,552,000 頭。その内訳は、犬が約8,903,000頭、猫が9,649,000頭でした。2016年の調査までは、犬の飼育頭数が猫のそれを上回っていたものの、2017年からは猫が逆転。2018年も猫の飼育頭数は増加傾向です。 株式会社矢野経済研究所が2018年5月に発表した市場調査結果によると、2017年度のペット関連市場の規模は、市場全体で1兆5,000億円超。2018年は、さらなる伸びが予想されています。 ペット関連市場は、ペットフード市場、ペット用品市場、そしてペットサービス市場、という3種類の市場に大きく分けられます。ペットフード市場とペット用品市場は、ECの広がりにより、販売・流通チャンネルが多様化し、ここ数年の市場規模拡大に大きく貢献しています。 また、サービス市場の広がりも注目され、ペットのための民泊や、AIを活用したペット見守りサービスなども登場しています。犬や猫の飼い主は、これまでとは異なり、50代以上の世代や単身者が増加。多くの飼い主がペットを自分の子供同様にかわいがり、ペットに費やすお金も増加傾向にあります。 今後は飼い主と共にペットの高齢化も進んでいくと見られることから、ペットのための保険や、年老いたペットのための施設の需要が大きく伸びると考えられます。 ただ、いくら成長の見込まれる市場だとは言え、闇雲にビジネスを行っても集客することはできません。より多くの人々をオウンドメディアに呼び込むためには、SEOを意識したコンテンツ作りが肝になります。

ペット記事作成のポイント

どんな記事を書く場合でも基本は変わりません。顧客が何を求めているのかをキーワードから分析し、SEOを意識してコンテンツを書くことが大切です。

顧客のことを考える

ペット記事を作成する場合も、ターゲットとなる顧客が何を求めているのかを意識することが大切です。現在、ペットオーナーは単身者や50代以上の世代が増えていることをご紹介しました。ペットたちが生活に安らぎを与えてくれる。多くの人々がこのように考え、ペットを飼い始めます。また、家庭内の円滑なコミュニケーションのためにペットを飼い始めるという人々もいます。 飼い主がペットたちにどのような思いを持ち、どんな情報や商品、サービスを求めているのかイメージしてみましょう。末端の消費者のニーズをつかむことは、B to Cだけではなく、B to Bビジネスにおいても大切なことです。

キーワードを把握する

顧客のニーズをつかむということは、言葉を換えれば、顧客の行動を理解するということでもあります。その鍵になるのが検索キーワードです。顧客が使う検索キーワードを知ることは、顧客の行動を知ると同時に、ライバルの存在を知ることにもつながります。

SEOを常に意識する

検索キーワードを把握することで、そのキーワードを盛り込んだコンテンツ作りが可能になります。しかし、物事はそれほどかんたんではありません。当然、ライバルたちも同じキーワードを使ってコンテンツを作っている可能性が高いでしょう。そのため、ライバルのウェブサイトがどのような検索ワードで対策しているのか分析します。 ライバルが同じキーワードを使っているのであれば、勝ち目があるかどうかを見極めるとともに、ロングテールキーワードによるSEOを検討しましょう。ロングテールキーワードは、検索ボリュームが少ないニッチなワードで、ユーザの検索意図がより具体的であるため、ビックワードよりも競合する可能性が少ない複合語のことです。ビッグワードよりも目的が明確なので、商品やサービスの購入、問い合わせなどのコンバージョンにつながりやすいという特長があります。 自社の商品やサービスにマッチし、ライバルと勝負できるキーワードが定まったら、記事タイトルや中見出しにそれらのキーワードを使います。タイトルはSEOの肝とも言えるパート。キーワードを盛り込み、顧客を惹きつけられるタイトルを考えましょう。 たとえば、キーワードが「猫の飼い方」なら、 「猫の飼い方・躾け方!うちの子を留守番上手に!一人暮らしでも安心」 のように、タイトルの先頭に近い部分にキーワードを入れましょう。Google は先頭にあるキーワードほど重要だと認識します。 また、末尾に入れてしまうと、キーワード部分が切れてしまい、検索結果から内容を把握することができません。

ペットライティングのコツ

ペットについてライティングする場合も、基本は変わりありません。しっかり構成を考えてから記事を書き始めることで、ユーザーにとってわかりやすいコンテンツを作ることができます。

三段構成

三段構成は、序論(導入)、本論(本文)、結論(まとめ)という三つのパートで構成されます。ウェブにおけるコンテンツライティングの場合、もっとも一般的でわかりやすい構成です。 序論では記事全体の内容を大まかに説明。何がテーマなのか、何についてのコンテンツなのかをはっきりと示します。 本論ではテーマに、より深く踏み込みます。ライティングの内容(主張)を裏付けるため、データや例を挙げ、その信憑性を高めましょう。 結論は、主張の最終的なまとめです。記事を読む人に主張を理解してもらえるよう、シンプルに、そしてわかりやすくまとめることが大切です。

記事のROIを高める

コンテンツSEOは、地道に作業をすることで効果を発揮するマーケティング手法です。しかし、ビジネスである以上、結果を出さなくてはなりません。 記事のROIを高めるためには、ご紹介してきたように、ターゲットとなる顧客が何を求めているのかを把握し、SEOを意識したキーワードを選択。わかりやすく質の高いコンテンツを作り、コンバージョンへとつなげます。しかし、このようなコンテンツを書ける人材を確保することは、なかなか難しいのが実情です。

ライティング外注のメリット

年々、規模が拡大するペット関連ビジネス。今後も有望な市場ですが、それだけに競争激化は避けられません。 顧客のニーズをつかみ、顧客が必要としている情報を提供し、顧客が抱えている大小の問題を解決するマーケティング手法。時間をかければ自社でも行うことは可能ですが、人材不足により、プロジェクト立ち上げのハードルが高いことも事実です。 そこで検討したいのが、外注によるコンテンツ作りです。ペット関連分野に精通したディレクターとライターが、コンテンツマーケティングを強力にサポートしてくれます。

まとめ


顧客が何を求めているのかを把握し、解決策を提供することがマーケティングの基本です。ゼロからコンテンツマーケティングのプロジェクトを立ち上げるのはかんたんなことではありませんが、外注することで、SEOの考慮された、質の高いコンテンツを作ることが可能です。