サイト制作やコンテンツ拡充をするにあたり、テキスト以外のコンテンツを利用することもあるでしょう。動画はそのひとつですが、制作の予算が限られている場合、社内であれ外注であれ、コンテンツを1から作成するというのは簡単にできることではありませんし、少し利用したいだけなのに有料素材を購入するというのも、社内のルールによっては難しいこともあるでしょう。

今回はそんな「動画コンテンツが必要だけれどお金をかけられない」ときの参考に、無料で動画素材を取得できる12のサイトご紹介します。

無料で動画素材を取得できる11サイト!

それぞれのサイトのURLと基本情報をご紹介します。サイトによっては、素材の一部だけが無料になっているところや、利用にあたって登録が必要になるところもあります。また、割合としては日本語のサイトを多く紹介していますが、後半には英語のサイトもいくつか取り上げています。 動画の取得や利用にあたっては、サイトごとの最新情報や規約などを改めてご確認ください。

モーションエレメンツ


https://www.motionelements.com/ja/ モーションエレメンツは、ロイヤリティーフリーの動画素材や音楽素材を取得できるサイトです。有料のプランもありますが、自然や動物、また背景用などのカテゴリで、3,000点以上の動画素材が無料で提供されています。すべての素材を確認するのが難しい場合は、メールマガジンに登録すれば、毎週最新の素材に関する情報を受け取ることも可能です。

ニコニ・コモンズ


https://commons.nicovideo.jp/materials/ ニコニ・コモンズは、動画素材、画像素材、音声素材を取得できるサイトです。ニコニコ動画(niconico)の関連サービスであり、利用に際してはniconicoの会員登録をする必要があります。素材の利用にあたっては個別に条件が異なり、自由に利用できるものから、営利目的の利用には許可をとらなければいけない素材もあります。

動画素材.com


http://xn--hhro09bn9j8uh.com/ 動画素材.comは、ウェブでの配信や動画サイトでの活用など、広い用途で利用可能な、ロイヤリティーフリーの動画素材を取得できるサイトです。近年よく見かける動画広告や話題のVRも、利用可能な用途に含まれています。動画のサイズや形式も複数あるほか、ダウンロードはPCだけでなくスマートフォン(iPhone)にも対応しています。

Pixabay


https://pixabay.com/ja/ Pixabayは、自然、動物、建物などさまざまなタイプの動画素材や画像素材を取得できるサイトであり、著作者に対する許可やクレジット不要で利用できます。素材探しには検索フォームが使えて便利です。同じようなカテゴリの素材でもそれぞれ個性的なので、イメージに合ったものを見つけやすいのがこのサイトの利点といえます。

After Effects Style


https://ae-style.net/materials/ After Effects Styleは、Adobeの製品であるAfter Effects(アフターエフェクツ)のチュートリアルサイトですが、無料動画素材も配布しています。数は少なめですが、シンプルで活用しやすい素材が取得でき、またクレジット表記や連絡は不要なので、手軽な利用が可能です。  

らぼわん


https://www.studio-lab01.com/freebies/ らぼわんは、結婚式の動画制作サービスのサイトですが、無料動画素材も配布しています。動画は、鮮やかなエフェクトやカラフルさが特徴の背景素材が複数取り揃えられています。

PIXTA


https://pixta.jp/free-items PIXTAは、何度でも利用できるロイヤリティフリーの動画素材、画像素材、音楽素材を取得できるサイトです。基本的には素材を購入するサイトですが、定期更新の無料素材も配布しています。無料素材のダウンロードには、会員登録が必要です。

無料映像素材 フリー素材館


http://www.namaewallpaper.com/movie/index.html 無料映像素材 フリー素材館は、HD1080の動画素材が無料で取得できるサイトです。素材はロイヤリティーフリーであり、特定の利用方法を除いて自由に使うことができ、加工編集も可能です。カテゴリーとしては夕日や夜景といった風景的なものから、音符やハートなど記号的なものまで様々です。

Coverr


https://coverr.co/(英語) Coverrは、商用利用可の動画素材を無料で取得できるサイトです。検索フォームにキーワードを入れて動画を探すことができるほか、トップページに表示されている「Food」「Mood」「Nature」「Tech」などのカテゴリー選択をして候補を見つけることも可能です。

Pexels Videos


https://videos.pexels.com/(英語) Pexels Videosは、無料写真を見つけるPexelsが起源となっている、無料の動画素材を取得できるサイトです。素材探しには検索フォームも利用できますが、多くの閲覧があった人気の動画をチェックする方法もあります。動画のライセンスは「Creative Commons Zero(CC0)」です。

VIDEVO


https://www.videvo.net/(英語) VIDEVOは、動物、食べ物、自然、スポーツ、ビジネスなど、様々なカテゴリの動画素材を取得できるサイトです。素材探しは、検索フォーム、カテゴリ、タグを利用しておこなうことができます。素材は無料取得ができますが、すべての動画というわけではなく、ものによっては有料プランの対象となっている動画もあります。

今回は、動画素材を無料で取得できるサイトをご紹介しました。 無料で取得できるという点は共通していますが、サイトごとに素材の種類や品質のほか、サイズ、形式、さらには素材の検索・取得方法も異なります。そのため、いくつかのサイトを比較し、自身のイメージに合った素材がある、あるいは継続して使いやすいサイトを選ぶのがよいでしょう。または、複数のサイトを併用しながら、各案件の要件ごとに使い分けられると、より効率的かもしれません。