Google Analytics(アナリティクス)はウェブサイト運営に必要なデータはほぼすべて確認できると言えるくらい多機能かつ高性能なウェブアクセス解析ツールです。しかし機能が多いだけになかなか使いこなせない、もっと便利に使ってみたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、Googleアナリティクスの様々な機能の中でも、アクセスを伸ばし収益をあげる上で参考になる「カスタムレポート」と「マイレポート」の便利な活用方法や、2つの違いをご紹介します。

「カスタムレポート」とは?

カスタムレポートとは、条件を設定し必要な情報だけを表示する機能です。Googleアナリティクスではホーム画面で基本的なデータ解析結果が確認できますし、様々なパターンの標準レポートも用意されています。しかし、既存のレポートでは不要なデータがあったり不足がある場合もあるでしょう。そんなとき、カスタムレポートを利用すれば、訪問者の地域や使用ブラウザといった「ディメンション」、セッション・ページビュー・直帰率といった「指標」を自由に組み合わせ、必要な情報を集めた独自の分析レポートを作成することができます。

レポートの種類は、折れ線グラフとデータ表で構成された「エクスプローラ」、並べ替えが可能な表形式の「フラットテーブル」、数値の多いところが色濃く表示される「地図表示」からレポートタブごとに選択できます。必要なデータをひとつの画面に表示できれば、データ分析にかかる時間はグッと短縮できるでしょう。また、カスタムレポートは、たとえば「ページ分析レポート」「リピート分析レポート」など複数パターンで作成できます。

一度作成すれば、サイドバーの「カスタム>カスタムレポート」から見たいものをクリックするだけで表示されますし、共有することができるので、複数のサイトを同じカスタムレポートで分析することも簡単です。自分で一から設定するのが難しい場合は「カスタム>カスタムレポート>ギャラリーからインポート」をクリックし、公開されているカスタムレポートを利用する方法もあります。公開されているテンプレートは英語のものも多くありますが、ものによっては分析の思わぬヒントが隠れているかもしれません。

カスタムレポートの活用方法を紹介

集客効果の確認に

WEBでの集客は主に「検索、広告、SNS」の3つです。それぞれ手間も費用も発生しますから、できるだけ効率よく結果を出したいものです。

カスタムレポートの設定によって、

・ページごとに検索経由でどのくらい来ているのか ・曜日や時間でアクセス数はどのように変化しているのか ・どの時間帯にどこのサイトからアクセスされることが多いのか

といった分析も可能なので、SEOや広告出稿、メルマガ配信、SNS発信などの集客の効果や改善ポイントを確認し、効率的に集客することができます。

ファネル分析に

ファネル分析とは、サイトを訪れたユーザーが商品購入や会員登録、資料ダウンロードなどコンバージョンに至るまでに通過するページの離脱率を把握することで、成約率向上へ向けた改善ポイントを明確にする分析方法です。ECサイトを例にすると、コンバージョンまでには「商品一覧」「個別の商品説明」「カート完了」「決済」といったページがありますが、この中で離脱が最も多いページが明らかになれば対策を講じることもでき、成約率の向上へ繋げることができるでしょう。

「マイレポート」とは?

マイレポートは、Googleアナリティクスで表示できるレポートから目的に合ったものを選びウィジェットとして表示する機能です。ウィジェットを作成しダッシュボードのように表示できるので、必要な情報だけを選び見やすく配置しておくと効率的にデータを確認することができます。

たとえば「セッション」「コンバージョン率」「参照元」のウィジェットをマイレポートに登録すれば、ひとつの画面でサイトの訪問数とコンバージョン率、流入したサイトを確認することができます。ひとつの画面で複数の指標をチェックできるため、アカウントの状態や複数のレポートの関係性を見たいときなど、サイト全体をざっと把握するのに便利です。

マイレポートは自分でも簡単に作ることができますが、あらかじめ用意されているデフォルトのマイレポートや他の人が公開しているテンプレートを読み込むこともできます。また、カスタムレポートと同じく共有することができるので、複数のサイトを同じ項目で確認することができます。

マイレポートの活用方法を紹介

情報共有に

クライアントに提出が必要な項目や会議に必要な項目でマイレポートを作成しておくと、そのまま提出用資料として活用できます。Googleアナリティクスにアクセスできる相手であればそのまま共有することも可能ですし、アクセスできない場合もPDFファイルに出力することが可能です。また、頻度を指定してメールで自動送信する機能もあるので、日々のチェックや定期的な報告が必要な場合も便利です。

サイトの目的に合わせたデータ確認に

ECサイトを運営している場合は、商品の売上アップという目標のために必要な指標が一覧で確認できると便利です。「どこから来た人が」「どの商品を見て」「どれくらい購入してくれたか」がわかるようウィジェットを設定し、一覧で確認できれば分析がはかどるでしょう。その他、メディアサイトであれば「多くのユーザーにコンテンツを多く見てもらう」「広告をクリックしてもらう」という目標のために必要な指標を、コーポレートサイトであれば「ユーザーをサイトに呼び込めているか」「自社の目的において重要なページをきちんと見てくれているか」がわかるようなウィジェットを設定すると良いでしょう。

カスタムレポートとマイレポートは何が違う?

カスタムレポートとマイレポートはどちらも標準レポートをカスタマイズするものですが、両者の違いはなんでしょうか。簡単に言えば、カスタムレポートはデータを深く詳細に分析し問題点を発見することに、マイレポートは全体的な概要を把握することに適しています。ディメンションの組み合わせや複数の指標の比較など1つずつを細かく分析したい場合にはカスタムレポート、いくつかのディメンションの一部のデータからおおまかな概要をつかみたい場合にはマイレポートといったように、目的により使い分けることがポイントです。

Googleアナリティクスはアクセスや直帰率の増減を眺めているだけではもったいないツールです。「カスタムレポート」や「マイレポート」を使いこなすことで、レポートや資料の作成ではなくデータを解析し施策を検討することに時間を使えるようになります。初めて設定するときは手間を感じるかもしれませんが、それぞれ一度作ればテンプレートとして共有し複数のサイトを同じ項目でチェックできるようになります。また、公開されているテンプレートを使うことで新しい切り口に気づくヒントが得られるかもしれません。まずは公開されているテンプレートを使ってみるところから始めてみてはいかがでしょうか。