近年注目を集めているコンテンツマーケティングというWebマーケティング手法。この記事をご覧になっている方の中には、すでに取り組まれている方も多いのではないでしょうか。しかし、ひとまず導入はしてみたものの、「アクセス数が伸びない」「アクセスはあるが問合せや売上につながらない」など、お悩みを持っている方もいらっしゃるでしょう。コンテンツマーケティングで思うように効果が出ないとき、検討したいのが競合調査です。今回はそんな競合調査について、重要である理由や方法、役立つツールをご紹介します。

コンテンツマーケティングにおいて競合調査が重要なワケ

店頭販売や対面の営業活動でも、同一商圏内での競合他社の動きを様々な手法で分析することは一般的でしょう。それはコンテンツマーケティングでも同様です。それは下記のような理由からです。

競合調査はまずSEOの観点で重要

コンテンツがユーザーに見つけられるためには、検索エンジンにも評価されること、すなわちSEOを考慮することが大切です。しかし、ただ自社で狙いたいキーワードを適当に選定して漠然とコンテンツを作るのは、あまり得策ではないでしょう。なぜなら、競合がそのキーワードですでに強力な対策をしており、生半可な対策では勝てない可能性があるからです。その場合、競合の対策に対抗できるような対策を自社でしっかり実施することになります。このようなSEOにおける自社の戦術を決めるために、まず相手を知る手段として、競合調査が重要となります。

競合調査は良質なコンテンツ作りの手がかりになる

競合を調査し分析することは、自社サイトのコンテンツ改善や戦略立案の手がかりとなります。コンテンツマーケティングで重要なことはユーザーに役立つコンテンツを作ることですが、それに加えて、競合との差別化もポイントのひとつです。競合のコンテンツを参考にして、自社サイトでも同じかそれ以上の有益な情報を発信できるように企画を練りつつ、オリジナリティも出せるように内容を検討します。

競合調査の方法について

競合調査ではすでに競合と理解しているライバルサイトのほか、インターネット上やSNSで競合となる会社も含めて、それぞれの強みや弱み、特長をあぶりだします。調べる項目は下記のようなものです。

競合サイトの顧客像 / 競合サイトのトラフィック(アクセス数、PV、デバイス種別、ユニークユーザー数、流入チャネル、流入キーワードと順位、人気コンテンツ、直帰率、滞在時間など) / 競合サイトのコンテンツ(Webページ、ブログ、動画コンテンツ、テーマやトピック、更新頻度、使い勝手、サイトに使用されているトラッカーなど) / 競合サイトに設置されたSNS情報(フォロワー数、いいね、シェアなど) / 広告出稿状況

顧客像や検索順位、コンテンツの特徴などであれば、自分の目で確認して調べることもできますが、トラフィックなどのデータを調査するのであれば、ツールを活用します。ツールを活用する場合、細かい方法はそれぞれ違いますが、サイトのURLや調査したいキーワードなどを登録して調べるのが方法のひとつです。

一度限りで終わるのではなく、競合各社・自社で比較できるようにExcelなどでまとめ、定期的に調査することでターゲットとするユーザーのトレンドの変化や競合各社の戦略の変化も把握しましょう。コンテンツマーケティングにおいてこれらを調べることは、見落としていた意外な流入チャネル、顧客像、キーワードなどの発見や顧客が求めるニーズの理解に役立ちます。

競合調査に役立つツール厳選10

ここからは、競合をさまざまな角度から調査するのに役立つツールをタイプごとに分けてご紹介します。自社のニーズなどによって、選択・使い分けをするのがよいでしょう。

SimilarWeb


https://www.similarweb.com/ja

イスラエルで開発された競合サイト分析ツールです。競合サイトのURLを入力することで、概要が把握できます。見られる情報は限定されるものの、無料での利用も可能です。簡単にライバルサイトの規模やユーザー像が理解できるのが便利な点といえます。

Webマーケティングに関わる方には有名なツールなので、相手を知る、と同時に相手にも同程度の内容は分析されているという前提で利用するツールと言えるでしょう。参照できる項目は下記のようなものです。

トラフィック概要 / リファラル / 検索トラフィック / SNS別の流入 / オーディエンス属性

SEOチェキ!


http://seocheki.net/

無料のサイト分析ツールです。タグ設置もなく競合サイトのURLを入力するだけで下記の内容がチェックできます。使い方が簡単なので、複雑な操作を要するツールが苦手な方も利用しやすいでしょう。

ページ情報(ページタイトル、メタディスクリプション、H1タグ、発リンクなど) / サイトランク(Alexa) / SNSのいいね / 検索順位 / キーワードの出現頻度

Ahrefs


https://ahrefs.jp/

トラフィック調査、キーワード調査、SEO診断チェックなど多くの作業がこれ一つで行えます。海外製のツールですが、メニューの多くは日本語化されているため、英語がネックで海外製のツールに手を出しづらいという方も試してみやすいでしょう。料金プランが複数に分かれており、ニーズによって選べるようになっています。調べられる情報の一部は下記です。

トラフィック情報 / 被リンク / 流入キーワード / コンテンツ情報 / SEO診断

eMark+


https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/

モニター約20万人規模のWeb閲覧データなどが用いられた、行動ログ分析サービスです。トラフィックやユーザー属性など一般的な情報のほか、自社サイト以外に参照しているサイトを知ることができる点などが特徴といえます。ブラウザ版・アプリケーション版といった提供形態や、PC・スマホといったデバイスでプランや機能が分かれています。調べられる情報は、以下のようなものです。

トラフィック概要 / サイトランク / ユーザー属性 / 人気コンテンツ / 集客構造 / ユーザーのサイト併用状況

GRC


https://seopro.jp/grc/

インストール型の検索順位チェックツールです。無料での利用も可能ですが制限があるため、本格的に調査をおこなうのであればライセンス購入をすることになります。ライセンスの内容はURLや検索語数などで細かく分かれています。月数百円程度で利用できるプランもあるので、ツールに使える予算が限られている場合でも検討の余地があります。使い方が簡単な一方、過去の順位や順位変化を含めて見られる情報が充実しており、また自動順位チェックができるなど、機能面も特徴的といえます。下記のような情報がチェック対象です。

登録したURLごとの順位(Google、Yahoo、Bing) / 順位推移の確認

Gyro-n SEO


https://www.gyro-n.com/seo/

クラウド型のSEOツールです。特徴的なのは競合との比較・分析ができることです。検索順位はもちろん、インデックス数もチェックすることができます。これらの指標は、一定期間の推移も確認可能です。プランは、キーワード数や競合サイト数、機能などで分かれており、それぞれ料金が異なります。一方で、無料期間も設けられています。下記のような事柄をチェックしたいのであれば、検討の余地があります。

自社と競合の順位やインデックス数 / 地域ごとの検索順位(ローカル検索機能)

Moz Link Explorer


https://moz.com/link-explorer

Mozの被リンクチェックツールです。下記のように、サイトがどこからリンクを得ているのかなどをチェックできます。

ドメインオーソリティスコア / 被リンクドメイン / 被リンク / リンクの獲得と喪失

Ghostery


https://www.ghostery.com/

ブラウザの拡張機能として提供されています。閲覧中のサイトに埋め込まれた各種トラッカーを確認できます。つまり、競合がどのようなサービスを使っているのかわかるということです。確認できるのは下記のような内容です。

アクセス解析関連(GAほか) / 広告関連 / ソーシャル関連(Facebook、Twitterなど) / マーケティングオートメーション(Marketo、Padotなど)

Waybackmachine


https://archive.org/web/

調査対象サイトの過去の変更経緯を遡って確認できるツールです。無料で利用できます。競合各社がどのようなサイト変更を行ってきたかを目で見て確認できます。機能としては下記です。

年表またはカレンダー上のマーク(変更点)をクリックし、その時点のサイトイメージを確認

パスカル


https://www.pascaljp.com/

国産のサイト分析ツールです。検索順位上位のサイトをまとめて分析できることが大きな特徴で、競合をひとつひとつ手作業で調査していく手間を省くことができます。SEOのポイントとなる部分についての統計比較も、このツールで着目すべきポイントです。分析結果のエクスポートも可能なので、社内での共有も容易におこなえます。プランは基本的に月額の有料ですが、無料体験版もあります。分析に関わる要素のほか、サポート体制もプランによって異なるので、選択はよく検討しておこなったほうがよいでしょう。ツール全体としては、以下のような機能があります。

競合分析 / 検索順位取得 / SEOに関する情報取得 / 流入キーワードチェック

一般的な機能を持つツールから、特徴的な機能を持つツールまで、競合調査に役立つツールをご紹介してきました。プラン内容や料金はそれぞれのツールで異なるため、自社で必要とする部分や予算などに合ったものを選ぶのがよいでしょう。

競合は同業種のサイトに限るわけではありません。SEOの観点からは、別業種のサイトが競合となる可能性もあります。また、検索順位は変化するものです。一度調査したからといって、その内容をずっと参考にし続けられるとは限りません。さらに、競合調査はあくまでコンテンツマーケティングにおけるステップのひとつです。調査で得た気づきをもとに、それらの競合に勝てるような施策を検討し、実施することが重要となります。競合の適切な選定や、継続的な実施といったポイントを抑えつつ、ツールを効率的に活用しながら、自社サイトの改善を見据えた調査をおこなうことが大切といえるでしょう。